福岡・博多で創業50年超の社会保険労務士法人。

福岡社会保険労務士法人

労働保険事務組合

労働保険事務組合制度とは

事業主の委託を受けて、事業主に代わって労働保険料の申告・納付、その他の労働保険に関する各種の届出等の事務手続を行うことにより、事業主の事務処理の負担を軽減し、労働保険の適用推進及び労働保険料の適正な徴収を図る制度です。

事務委託できる事業主

下記の表に該当する事業主です。

業  種 労働者数
金融業 保険業 不動産業 小売業 50人以下
卸売業 サービス業 100人以下
その他の事業 300人以下

労働保険事務組合に事務委託するメリット

☑メリットその1
労働保険料の額にかかわらず、保険料の納付を年3回に分割できます。
▶「労働保険料の延納」

☑メリットその2
通常では労働保険に加入することのできない事業主や家族従事者の方でも、労災保険に特別に加入することができます。
▶「中小企業主等特別加入」

☑メリットその3
労働保険料の申告・納付等の事務を事業主に代わって行いますので、事務の省力化が図れます。
▶「年度更新」

【外部リンク先】
一般社団法人全国労働保険事務組合連合会
https://www.rouhoren.or.jp/

メールでのお問い合わせ

福岡社会保険労務士法人への
アクセス

お問い合わせ
福岡社会保険労務士法人パンフレット